SINSENSA

📍Tokyo / Japan
SINSENSA is project from Shunsuke hatori (Founder / Sounddesigner / Videographer) and Tomoko Nogami (Singer Song writer). It’s started from 2016 in Berlin, Germany. At first they released same album as Tomoko Nogami.
Their style is so flexible that they can beyond the flame of genres and formats, Electronica, Ambient, Drone, Noise, Techno and also Movies.They are appeared in real underground events that rural 2017(Indoor Stage’s closing), dB#3 with Kanding Lay, Samuel Kerridge (A/V Live Set) and MNML SSGS party(Analog Live Set).
Their recent works “Arck” and”Warp” are broadcasted in Ryuichi Sakamoto’s Radio program RADIO SAKAMOTO.
Shunsuke Hatori、Tomoko Nogamiの二人からなるプロジェクト。2016年、Berlin在住中に活動を開始。
Electronica、Ambient、Drone、Techno、Acoustic、映像作品など様々なジャンルやフォーマットを飛び越えた作品が反響を呼び、2017年に日本へ帰国してからはrural、paramount、MNML SSGS party、Cio D’Or Japan Tourなど本格派アンダーグラウンドイベントでアナログ機材のみでのLive Setや映像を用いたA/V Live Setを披露し独自の存在感を示す。
SINSENSA名義での作品”Arck”と”Warp”は坂本龍一氏が自身のラジオ番組RADIO SAKAMOTO内で選曲し放送、”Arck”はウクライナで製作されたグラフィックアーティストEasのドキュメンタリー”Aesthetic of Eas”のサウンドトラックとしても使用されBlooklyn Street Artに掲載される。また、コペンハーゲンのエクスペリメンタルラジオLake Radioで瞑想をテーマに作られた1時間のミックスが放送されるなど、国内外、フォーマットを問わず多方面からの注目を集めている。